新着情報 / What's New

2016年度春セメスター定例懇談会・地域懇談会の様子

16.09.02
2016年度春セメスターは、APUにて定例懇談会を、東京、大阪、福岡にて地域懇談会を開催し、
のべ249組347名の父母の方にご出席いただきました。
各懇談会は、父母の会役員ご挨拶、大学役職者による近況報告、学生による体験談、交流会、
個別相談会で構成しました。APUでの定例懇談会においては、2016年度役員体制、2015年度の
事業報告・決算報告および2016年度の事業計画・予算案についてもあわせて報告しました。

父母の会役員のご挨拶

各会場懇談会は、父母の会役員による挨拶で始まりました。APU会場で挨拶を行った太野会長からは
「今後のAPUが社会からより強固に支持される大学に発展できますよう、父母会も貢献して参りたい
と思っております」とご挨拶がありました。
160901_01.jpg











(APU会場)


大学役職者による近況報告
今回は、4月に発生した熊本地震を受けての当時の学内の様子や大学の対応を中心に、大学の近況について
報告がありました。また、APUの取り組みが紹介されている『混ぜる教育』(日経BP社)についても触れ、
APUをより知っていただく機会として是非読んでいただければとご紹介がありました。
160901_02.jpg











(東京会場)

学生による体験談
毎年参加者にご好評いただいている、在学生による体験談では、新入生の学生生活、留学、就職活動の3つのテーマで、
それぞれ学生がスピーチを行いました。新入生の学生生活についてスピーチをした学生からは、「入学してまだ2カ月ですが、
相手を配慮し日本語と英語を織り交ぜて会話するようなコミュニケーション力、様々な国の文化や宗教に触れて
気付くグローバルな考え方、タイムマネジメントやプレゼンテーション能力などさまざまなスキルが上がっていることを実感しています」
とAPUでの学生生活を通じた成長ぶりが伺えました。
160901_03.JPG    











(福岡会場)

学生体験談のプレゼンテーション資料を下記よりご覧いただけます(抜粋)
 学生生活体験談(APS1回生)
 留学体験談(APS4回生)
 就職体験談(APS4回生)

交流会・個別相談会
ご父母同士や教職員、学生との交流の機会として、全体会終了後交流会を開催しました。
多くの方にご出席いただき、ご父母同士情報交換や、スピーチを行った学生に質問をするなどして、
活発に交流されていました。また、事前にお申し込みいただいた方の個別相談会を実施し、
大学での学びや留学、就職活動などのご質問・ご相談に大学職員がお答えしました。
160901_04.JPG











(福岡会場)

160901_05.JPG











(大阪会場)


ご参加いただいた方のご感想
毎年妻の母国に行き、英語や現地の言葉を駆使してコミュニケーションしてきた息子にとって、外国の言葉は
小さい頃から興味の対象だったようです。どこの国に行くにも英語が話せれば強みになると思います。
小さい頃はある程度道を示してあげていましたが、これからは本人が将来進みたい道を進めるようサポートする側。
留学をしたいという夢もあるようです。今日、スピーチをした3人の学生の話には感心しました。
(大分県/APM1回生)

韓国の企業で務めていたとき、韓国人の社員がAPUの卒業生で、元気で夢のある素晴らしい人でした。
それが、娘にAPUを勧めたきっかけです。小さい頃に欧米は経験しているので、アジアの学生がたくさんいる
APUの環境で幅を広げられたらと願っています。入学して2カ月、いつも忙しそうです。
APUにはきっかけさえできれば可能性を広げてくれるアドバイザーがいるようですから、
娘にも何かを探し、見つけてほしいですね。
(東京都/APS1回生)

今回の熊本地震の際、余震が続き疲れているなか、学校がすごく楽しいという娘からのLINEにとても元気をもらいました。
今日の懇談会は、インターネットからとは違うライブの情報が得られました。目的意識のない組織や企業が多いなか、
学長さんのお話からは大学のビジョンがはっきりと見えて嬉しく思いました。娘は誰かの役に立ちたいという意識が強い。
APUで学びいっそうのスキルを身につけてくれることを期待しています。
(熊本県/APM1回生)


2016年秋セメスターは大分、熊本、愛知、沖縄での地域懇談会開催を予定しております。
お近くで開催の際は、ぜひご出席ください。